現在、土地を持たない人にとって、マンションは戸建住宅と並ぶ大きな選択肢です。 「将来、買ったマンションの価格が上がって、その利益で戸建を・・・」という考え方をする人はずいぶん減りましたが、戸建より割安にいい場所が手に入るという常識は今でも一般的です。 しかし実際に住まいを供給する建築業者の側から見ると、戸建の計画、特に注文住宅の計画では一棟一棟の収支などを踏まえて事業計画しても、マンションの販売というのは大きなひとつのプロジェクトです。そのプロジェクト全体でどれだけ利益が出るかという事業なのですから、希少価値の高い部分に厚い利益を見込み、デメリットの強い部分を割安にすることが出来ます。これは買う側にすると複雑な心境になりますが、考え方によっては、消費者にとって大きなメリットとなりえる部分です。
一般的に人気がある、他には無いといった要素が多いほど、希少価値が高いとされています。それはデベロッパーが勝手に決めるのではなく、実際には販売前にバランスを取りながら価格の想定をして、販売前の一般の反応を見て希少価値を確認し、それから販売価格を決定するのです。つまりは人気投票のようなものです。しかし住まいは住む人の個性によって様々な住まい方があります。常に一般の人気投票と自分の価値観が一致しているとは限らないのです。むしろ、一般的にはデメリットのある割安な住戸であっても自分の生活スタイルには支障がなかったり、割安な価格で購入することで、設備のグレードを上げるなどが可能かも知れないのです。住む人にとっての価値と価格は違うのです。注文住宅では1棟あたりの建築コストに利益が加えられて価格が決まりますから、価値の高いものが出来ても価格は高くならないし、逆に価値の高いものが出来なくても価格は割安になることはありませんからわかりやすいのです。つまり、マンションの価格は建築コストだけではなく、もう一段階、価格調整が行われていることを理解して、自分にとっての価値で価格を見なければならないのです。 マンションは決められた値段でお店に並んだ商品の買い物をする感覚で決断してはいけない商品です。特に長く住むことを考えれば決断までに十分な検討が必要だと思います。
近年、マンションの内覧業者が活躍しています。そういう私も知り合いに頼まれて何回も同行しています。しかし内覧会で、竣工したマンションのクロスの傷などの指摘をするはいいのですが、レーザーを持ってきて立ちを見たり、水平を図ったりというのはちょっとやりすぎな気がします。そもそも工事が終わって良くない部分があったら、内覧会までに直してあるのが当たり前のことです。それを直していないのは"直せない"のか、"ばれなければいい"という消費者を欺いているかなのです。施工会社も自社の検査が完璧で、誰も何もいえない工事であれば内覧会は必要ないはずです。現実には入居者に補修箇所を指摘してもらって、快く直しましたというサービスを演出している面は否めません。 結局はどういった下地工法か?補修がきく工法か?補修がきかない場合、どういった補償を用意しているか?どういった施工基準を設けているか?そもそも
どういった契約内容かなど、マンション購入成功のほとんどは内覧会前に決まっています。内覧会はあくまでも仕上げの状態を目視することが目的です。 そもそも、壁やサッシが曲がっていたり、床が傾いていることを内覧会で発見することに価値があるわけではなく、そういった技術しか持ち得ない業者が作るマンションを買わないようにすることが大事なはずです。むしろ、自分の購入する住戸を、希望する施工精度で手に入れることができたか?という考えであれば、内覧会はもう手遅れなのです。本来はそのマンションを買うかどうか?というところにエネルギーは注がれるべきです。
そうはいっても内覧業者(少なくとも建築現場の経験のある人)の同行は、デベロッパーや施工会社が素人相手に専門用語を並べ立てて、直るものも直さないで引き渡してしまうことを防ぐ効果はあります。しかも、そういった体制の会社や担当者であれば、そういった状況からどう対応するか、という最終型をお互いが納得できる合意の上で設定することが出来るかは特に重要です。マンションに限らず、建築というのは人が作るものであって、必ず誤差があります。また、残念なことに今でも建築業界の一部には消費者を欺くことに慣れてしまっている体質が残っています。従業者人口の約1割が建築業に関連している事を考えれば、実に様々な人がいて無理もありません。しかし、デベロッパーも施工会社も、施工が悪い部分を手直ししなければならないのは当然に理解していますし、内覧当日に発見されなかった瑕疵があった場合についても、
法定期間内であれば補償しなければならない責任があるのです。消費者が気にもかけない部分をつついて、「あれも悪い」「これも悪い」というケチをつけるだけの内覧会では、施工会社との関係を無意味に悪くする可能性さえも含んでいます。無意味な要求をしても、やはりそれはどこまでいっても無意味です。必要であれば難しい内容であっても施工会社と一緒に最善の解決策を探すことが大事です。どんな会社であっても結局は人(担当者)が行う事ですから、最終型までの根気強い交渉が必要不可欠なのです。一方的な関係は必ずしも成功とはいえません。Win-Winの関係であることが特に重要です。これから長く住む住まいでは、まず施工会社にその都度メンテナンスを依頼した方がいいのは間違いないのですから、いい関係をつくることはとても重要です。マンションのコンサルティングは、あくまで目的は最も良い状態で住まいを引き渡されることにあり、それは施工会社などメンテナンス部門といい関係を継続することも含まれるのです。
販売金額の0.5%〜1%
事前相談は無料です。図面チェック¥10,000〜、見積書チェック¥10,000〜、打ち合わせ同席¥20,000〜、現場検査¥30,000〜など部分的なご要望はお問合せ下さい。
マンションのモデルルーム同行なども行います。建築中や、図面チェック、現場検査など、部分的なご要望についてはお問い合わせください。ご予算にあわせたプランをご用意いたします。
専門家として建築主をサポートし付加価値を生み出すことで建築業 者にもメリットをつくるWin-Win を目指しています。
ハウスメーカーをはじめ、設計事務所や工務店との家作りにおいて も完全サポートします。
ハウスメーカーをはじめ、設計事務所や工務店との家作りにおいて も完全サポートします。
内覧会の同行だけではなく、購入前の物件検討、モデル見学からサ ポートします。
生活全般に関わる様々なニーズに
対して、より速く正確に応える異業種ネットワークグループです。
〒177-0033 東京都練馬区高野台1-7-20
プレステビル101
TEL:03−6913−1369
FAX:03−6913−1368
受付時間 10:00〜19:00 水曜定休
E-mailでのお問合せはこちら